FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展覧会カミングスーン

もうすぐ娘ちゃん8歳の小学校の展覧会があります。

学芸会と、展覧会を一年交代でやるシステムで、今年は展覧会。

招待状、くれました。
20161122.jpg
飛び出るカードにしてあるー。

『わたしは「ひみつのたまご」と「ピアノのぼうし」を作りました。
とくに、「ピアノのぼうし」のかたをつくるのに、がんばったのでぜひ見に来てください。』


カードの真ん中にいるのは、「ピアノのぼうし」を表してるんですね。
実物は、立体作品みたいです。


もう一つの「ひみつのたまご」は、平面の絵らしいんですけど。
その絵でクラスの代表に選ばれて、全校生徒の前で作品について説明する大役を先生から仰せつかった娘ちゃん。

(校内のテレビを使った放送でやるみたいなので、親は見られません。)

良かったね~!とか、上手に描いたんだね~!とか家族の中で一通り褒めていて。

その場にいたおじいちゃん(私の父)も『すごいじゃないか!』等言ってくれてたんですけど。

でも父は必ず言うんですね。
『芸術の方面に進むなんて言い出すんじゃないぞ~。』なんて。

娘ちゃんは負けずに、
『ウチ絵が得意だから、漫画家になりたい!!』
言うんですけどね。


**********
父の父、つまり私のおじいちゃんは、絵描きさんでした。
私が生まれる前に亡くなったので、どんな人かは話に聞くだけです。

父の姉や、その子ども達も皆さん芸術家。

でも父は芸術関係ない、古き良き時代のバリバリのサラリーマンでした。


絵描きさんだったおじいちゃんだって、本業で生計を立てていて、貧乏した訳では無いはずなんですけど。
父は安定したお給料を貰えるサラリーマンで生きていこうって決めていたみたいです。

芸術の方面で生きていく厳しさ、本人だけじゃなく周囲の人の大変さ、
いろいろあるのかもしれないですね。


でも現状を見る限り、大企業で働いているから安全とか、この職種は安全とか、
そんなのも無くなりつつありますよね。。

何年後かには、AIやらロボットやらに取って代わられる仕事があったりだとか。
少し前の時代じゃ考えられないようなことが起きて来るかもしれません。

父の芸術方面は危険うんぬん聞く度に、確かなものなんて無いのにねと思います。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

machi0722

Author:machi0722

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問ありがとうございます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。